ネットの風評被害の対策についての基礎知識

ネットは良い面と悪い面があります

インターネットが広まった昨今では、恩恵をうけている人が多いといえます。インターネットを活用することになれば、望んでいた商品が容易に手に入れられますし出掛ける面倒もないし、移動する必要なコストも必要ではありません。多くの方達とテキストを使う事で意見をしたりする事も可能です。しかしながらインターネットはユーザビリティが高いだけというというものではなく、誹謗中傷が投げかけられたりしますし、その誹謗中傷はそう遠くない時期風評の被害となっていきます。

根拠のない話でも被害が拡大する場合があります

簡単に説明しますと、あるエリアの農作物は正常ではないというコメントをした人がいたと仮定します。インターネットは名を隠して本名も分からないケースが多いというのが現実です。どれほど猛烈に抗議した所で、根拠が見当たらない発言をした人にとってはいまひとつ困ってしまう事ではありません。それからインターネットを通して情報発信された根拠のない噂話はあっという間にあらゆるところに広まり、その不確かな情報を取り去る事は簡単では無いといえます。

法律も含めた抜本的改革も必要です

不快感を与えるような発言があり、さらに根拠なき未確認情報が発信されるインターネットが原因の風評被害にどのようにしたらいいのかについてですが、その回答は法治国家といえる日本であるからこそ新規の罰則を設定した法改正が大切になります。法改正をしてストーカーが規制されたように、同じく風評被害においても法改正が特に威力を見せるはずです。そういった改正も視野に入れるべき段階にきているといっても過言ではありません。

誹謗中傷対策として、インターネットに掲載された事実無根の内容の削除や二度と同じ事をさせないための犯人特定を法律事務所で実施してくれます。