大きめのポスターを作る時に注意したいこととは?

大きめのポスターには厳選した要素だけを盛り込もう

A4サイズの販促チラシやポスターを作る時には、伝えたい情報をきちんとデザインに表せばいいということになります。しかし、A3サイズの大きめのポスターを作るとなれば、単に伝えたい情報を盛り込めばいいというわけにはいきません。紙のサイズが大きくなるほど、伝えたい情報を厳選してデザインしていく必要が出てくるのです。ですから、大きめのポスターには、いろいろな情報を多く詰め込みすぎないようにする配慮が必要となってきます。

文字サイズも工夫することが必要となる

A4サイズのチラシであれば、手に取ってよく見ることもできます。しかし、大きめのポスターの場合は、そういうわけにはいきません。少し遠くから眺める感じになることも多いので、読みやすいような文字サイズになるように気を配る必要があります。少し文字サイズは、大きめに目立つように入れた方が見やすくなるでしょう。せっかくポスターに目をとめる人がいても、文字が読みにくかったり、写真が見づらかったりするとポスターとしての意味をなしませんから注意が必要です。

文字のフォントやサイズは視認性を考えて作ろう

とにかく、大きめのポスターに文字を入れる場合は、遠くから見ても文字がよく読めるようにすることが大切です。その意味では、明朝体よりもゴシック体の方が読みやすいといえます。文字サイズは、フォントの種類などによっても変える必要が出てきます。実際に、ポスターの文字が読みやすいかどうかを確認するには、何度かプリントを繰り返して遠くから見るという作業をする必要があります。それに、ひと目で何のことについて伝えようとしているのかわかるデザインになっていることも重要です。

激安コピー印刷は名前の通り激安の価格でコピー印刷をする事が出来ますので、安い費用で抑える事が出来る便利なサービスです。