スポーツにとってトロフィーが果たす役割について

競技の目標としてのトロフィー

スポーツなどでは、優勝が一つの目標になりますが、その象徴となるのがトロフィーだと言えます。個人競技にしろ団体競技にしろ、目指すべき目標があればこそ、苦しい練習にも耐えることが出来るわけです。たとえ山登りのような自分との闘いだとしても、山頂というゴールを目指して進むことができることが重要だと言えます。優勝トロフィーは、野球やサッカーのワールドカップでも観られるように、選手たちのモチベーションにもなっており、勝利の式典を華やかに彩るものです。

展示物としてのトロフィー

世の中にはお金では手に入らないモノがありますが、優勝トロフィーもその一つだと言えます。モノとしてのトロフィーならお金で買えますが、勝利の象徴となった優勝トロフィーは、競技で勝たなければ手にすることが出来ません。それ故、トロフィーはモノとしても、その競技に相応しい高品質の素材とデザインになっているべきで、装飾に関しても勝利の栄冠を表す必要があると言えます。そして、展示されることで、観る人の感動を呼び起こせるわけです。

トロフィーの素材とデザイン

展示物としてのトロフィーは、ある意味、絵画や彫刻のような役割を果たします。競技者に限らず、その団体の関係者にも同じような喜びを与えるからです。デザインのオリジナル性が高ければ高いほど希少性も生まれ、勝利の記念物としての価値が高まるわけです。それ故、サッカーのワールドカップのトロフィーには、純金が用いられており、デザインも一貫して変わらないわけです。一般的には、金のような高価な素材を使うのは難しいため、象徴として金色の素材を使うわけです。

トロフィーは各種スポーツの大会等で優勝などの優秀な成績を残したチームや選手に贈られるものです。チームや選手の優勝の証になります。