レンタルサーバーで思い通りのサイト作りを!

レンタルサーバーの特徴。

無料のブログサービスやホームページスペースを使用している方、あるいはこれからウェブサイトでやりたいことがある、といった方はレンタルサーバーという言葉を耳にしたことがあると思います。レンタルサーバーは他の無料サービスとはどう違うのでしょう?まず、行えることの自由度が違います。ブログサービスではデータのアップロードなどはありますが、基本的にブログに関する機能しかもちません。ホームページスペースではある程度自由にHTMLやデータをアップロードできますが、cgiなどに制限があるのと、広告などの表示が規約として義務付けられています。レンタルサーバーの場合、個人向けプランで月額数百円となりますが、自由度の高いサーバースペースを借りることが可能です。

レンタルサーバーで何ができる?

レンタルサーバーのスペースで具体的に何ができるか、レンタル会社によって若干異なりますが、基本的にウェブサイトに使用できる大容量のスペースが提供されます。そしてサーバーというだけあってcgiやシェルスクリプト、データベースなどを使用することもでき、自作ゲームのオンラインサーバーや、ソフトウェアのダウンロード販売サイトといったものを作成、運用することができます。また、会社によっては複数作成できるメールアドレスや細かいカスタマイズの可能なブログキットが付いてくるサービスもあります。

個人とビジネス。プランの制限に注意!

レンタルサーバーの契約には個人向けプランとビジネスプランといった区分けがされているものが多くあります。これはサーバースペースの容量といったベースの機能以外に、利用方法による制限が発生することもあります。たとえば、個人向け契約で自作オンラインゲームのサーバーとして使っていた場合、ゲームの人気が出て何万人も同時接続があった場合、ネットワーク帯域を圧迫して他のレンタルサーバー利用者に迷惑をかけることになります。あるいはオンラインショップが大人気で夜間のデータベースバッチ処理が非常に高負荷となった場合など、個人向けを超えてしまう状況になった場合はビジネスプランへの移行か解約かを迫られることがあるので注意しましょう。

レンタルサーバーとはwebに常につながっている場所にある、ファイルの置き場のことです、常につながっているのその場所にHPをアップすればWEB上でも見ることができるようになります。