困ったときに使える?風評被害対策のススメ

放っておくと被害が増える

風評被害対策を行うのは、放っておくと情報が拡散したり、増える恐れがあるためです。特にネット上では目につきやすい情報ほど広まりやすいので注意が必要となりますね。基本的には早めの解決、早めの記事排除が有効性の高い対策となっています。情報はデータ化できる時代なので、風評被害の根源を断つことは時には難しい場合もあります。ケース次第では法的手段を用いて対処に望みましょう。訴えて賠償金を請求できるケースもありますよ。

どういったサイトで情報が出ているか

サイトを生かしたコンテンツは非常に多く、人気サイトであるほど人目に付く可能性が高いですね。掲示板、SNS、ブログなどいろいろありますが、その中でも人気サイトであったり人気記事で取り上げられた風評被害は迅速に対処しましょう。運営が意図的に行っていることはほとんど無いので運営側に助けを求めることも可能な場合が多いですよ。利用規約に違反している人を通報できるコンテンツを用意しているサイトもあるほどです。

匿名性が影響する情報

匿名性の高さがネックになることも多い風評被害ですが、ユーザーを特定できるコンテンツも存在します。また掲示板などではIPアドレスを調べることで情報を得られる場合があるなど、少しの工夫で相手を特定可能なこともあります。誰がどこでいつ情報を流しているのか、それさえ分かれば対応もしやすいです。メールなどでの風評被害もサーバーからユーザーを調べられる事があるので、風評被害対策の業者などへ依頼し解決できる事も少なくありません。

ニュースなどで報道されてから「名前が似ている」などといった理由で、インターネット上で風評被害を受けてしまうことは少なくありません。そういった風評被害対策に有効な手段は、弁護士に相談することになります。